head care

head care

シャンプーを変えてみよう

この時期はどうしても頭皮のかゆみに悩まされます。

 

乾燥が原因ではないかと思い加湿器を欠かさずに活用しているのですが、あまり改善されません。

 

私は毎日シャンプーを欠かしませんし2度洗いしています。この際ゴシゴシ強めに洗う癖を止めたいのですが、洗い上がりのスッキリ爽快な感じが大好きで止められないのです。

 

 

しかし行きつけの美容院で美容師さんに頭皮の乾燥を指摘され、シャンプーのやり過ぎや爪を立てて洗う癖を改善する様に注意されてしまいました。

 

今はかゆみだけですが(フケも少々あります)酷くなると頭皮の炎症や抜け毛に繋がるとの事で、皮膚科に通う可能性も有り得ると言われてしまってショックです。

 

まずカラーリングやパーマを止めて、2度洗いから1回のみ洗う事にしました。

 

指の腹でマッサージする様に洗うコツを教えてもらい、とにかく大切な皮脂まで失わない様に、皮脂膜のバリア機能を正常化する様に努めます。

 

そして以外な落とし穴だったのがドライヤーです。髪の毛が長い私は、高温のドライヤーで長時間乾かしていました。

 

髪の毛だけでなく頭皮にも高音の熱が伝わるので、頭皮の水分も奪われていた様です。

 

しかしこの時期冷風だけで乾かすのは寒いし乾かない・・・

 

美容師さんお勧めの風量が強いドライヤーに買い替え、頭から離してまんべんなく乾かします。

 

その前に良くタオルドライし、なるべく髪の毛の水分をなくします。これで少しは頭皮環境が改善されればいいのですが・・・。

 

もう1つ、ドラッグストアでパケ買いしていたシャンプー&コンディショナーを卒業し、頭皮に優しいタイプのシャンプーにシフトしようと思っています。

 

しかしどれが良いのかまだ決めきれないので、美容師さんのアドバイスを受けつつ探している所です。成分を良く確認して決めようと思います。

 

 

秋冬は帽子でカバーできる!?

これから秋冬になりますので、薄毛の人には有り難い季節の到来です。

 

秋冬に必ず流行するのが帽子で、今年も色んな種類の帽子が流行しています。

 

中でもニット帽は相変わらずの人気ぶりで、男女共にかぶっている人が多いです。

 

「帽子をかぶるとハゲになる」なんて噂もありますが、秋冬ならそんな心配もいりません。

 

真夏に帽子をかぶり続けると、蒸れて皮脂分泌が盛んになり雑菌が繁殖しやすい環境になります。

 

 

ハゲに直結しないにしても、育毛の妨げにはなる可能性があります。窮屈な帽子も要注意で、血行が悪くなると頭皮に栄養が届かなくなってしまいます。日常的にそこまで窮屈な帽子をかぶる人はいないと思いますが、冬のゆったりした素材の帽子をチョイスすると心配ありません。

 

 

帽子で頭皮が擦れるとの話もありますが、それもゆったり素材の帽子なら防ぐ事が可能です。

 

この様に、冬の帽子は薄毛に悩む人のマストアイテムだと言えます。カツラは何だか不自然だし、植毛はお金が掛かります。この際丸刈りにしてしまえ!と意気込んだものの、頭の形が悪くて断念という人もいます。

 

 

秋冬でも紫外線のダメージは多少あり、頭皮にも良くありません。毛髪が薄ければ頭皮に直接紫外線のダメージを受けてしまいがちなので、やはり外出時に帽子は欠かせません。

 

 

勿論たまに帽子を取って蒸れを回避させる事、サイズ選びを慎重に行う事は大切ですね。
同時に育毛系シャンプーにチャレンジしてみたり専門機関に相談したりして、薄毛対策を整えましょう。

 

チャーリーシーン

アメリカのテレビドラマで活躍したチャーリーシーンさん。

 

ハリウッド俳優で、女性達からとてもモテたそうです。自身がHIVに感染している事実をカミングアウトし、世界中で大きな話題となりました。

 

今は治療法発見に残りの人生を捧げると宣言し、自身も治療しながら生活している様です。

 

 

過去のインタビューで「過去に約5,000人の女性と関係を持った」と語り、これまた世界中で話題となりました。ハリウッド俳優ともなればこの程度の数は当たり前なのでしょうか・・個人的にこの人数を把握していた事の方に驚いてしまいますが。

 

 

 

単純に考えて、HIV感染の原因になった人がこの5,000人の中にいるでしょう。そしてこの5,000人のうち何人かの女性が「彼を告訴する」と訴えているそうです。この女性達はHIVの脅威に怯えながら過ごし、検査をするにも結果を聞くにもおそらく精神的にとても追い詰められたのではないでしょうか。

 

 

しかし当のチャーリーシーンさんはというと、HIV感染が確認されても性生活は変化なしだというから驚きです。

 

 

 

相手の女性は何とも思わないの?告訴すると訴えている女性もいるのに、今後トラブルを勃発させる女性が増加しそうです。本人曰く「1日4錠の薬で症状をおさえられるから問題ない」らしいのですが、女性側からしたら、正直、HIVに感染している男性と性行為はしたくないです。

 

 

 

コンドームを着用するとしても、正直やっぱり怖いですよね。チャーリーシーンさんは、HIV感染発覚からカミングアウトまで随分期間が空いた人です。それまでは信頼できるごくわずかな人にだけHIV感染を打ち明けていました。

 

 

しかしこれがあだとなり、今まで関係を持った女性からも「ばらす」と脅される様になりました。

 

 

口止め料として、4年間で12億円もの金額を費やしたのは有名な話です。今回HIV感染を暴露したことで、「今度の支払いは一切ない」と断言しました。このままだらだら口止め料を支払っていたら、おそらく大変な額に膨れ上がったでしょう。

 

 

 

暴露する事で気持ちの整理がついたのならそれも良いのでは。しかし彼と関係を持った経験があって、尚且つ彼からカミングアウトを受けていなかった女性の場合、彼のHIV感染を知ってとても恐ろしい気持ちになったでしょうね。

 

 

 

「私には他の人々を助ける責任がある」そうですが、今後どういう活動をしていくのか、彼と噂のあった女優陣はどのような動きを見せるのか、気になる次第です。彼の様な影響力のある人がカミングアウトするお蔭で、もっと性感染症に関心を持つ人が増えると良いですね。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ